ラプラスの魔女 読んでみた

東野圭吾さんの「ラプラスの魔女」を読んでみたので感想

 

面白かった

まず、登場人物がさらっと頭に入ってくる

一人一人のキャラが立っているため、どんな人物だったか読み返すことがなかった

内容としては、サスペンス系なのかな?

犯人が最初にほとんど予測がついてしまい、そこの細かな描写に入っていく

ただ、すごく考えることもなく、さらっと読み進めることができる印象

犯人を推理したり、細かく詰めるのが好きな人にはあまり向いていないのかも

そういう方でも頭を休めながら楽しむという点では良いのかな